スクイジゴムをバージョンアップしてみよう
2020-10-21


こんにちは

前回の補足からです。

 

どうにも気になったのでモアマンのベルトとモアマンバケットのクリップを買ってみた。

禺画像]

禺画像]

クリップは引っかけてベルトに通すタイプです。


成程こういう仕様であったかと。なんか全体的に使い勝手が悪い。

おかげで気に入って毎日使っております。

バケモンとモアマンバケットの二つ吊りで腰が重いです。

 

さてさて本日の本題であります。

 

前回紹介したモアマン青ゴムですが、その耐久性のなさに絶望したわけですが妙なところで活路が見いだせました。

 

禺画像]

青ゴムをシリコーンゴムみたいと表記しましたが、そのまんまの発想で今までのゴムにシリコーンを塗ってみれば良いのではないだろうかと。

皆様も一度はスクイジゴムに撥水コートをかければ耐久性が上がるのではないかと考えたことがあると思います。私は昔そう思って靴用の撥水コートをかけたことがあるのですが仕上がりがムラになってしまって諦めたことがあります。

 

そこで今回はシンプルにシリコーンだけ塗ってみることにしました。

試行錯誤を繰り返した結果かなり満足できる結果が得られたので、その方法を惜しげもなく公開したいと思います。

基本的にどこのゴムを使っても性能が二段階上がるといっても過言ではありません。

 

その一

まずスクイジゴムを洗剤で丁寧に洗います。

この際ぬるま湯を利用して泡立てて柔らかい布を使い丁寧に洗ってください。

ここでの洗いによってその後のクオリティが変わってきます。

時間があれば一晩漬けおきしてもかまいません。

 

禺画像]

禺画像]


その二

陰干しでよく乾かす。もしくはマイクロファイバー系のクロスで水分をしっかりとふき取る。

 

その三

シリコーンスプレーをゴムに塗布します。

https://www.amazon.co.jp/dp/B003P18FB2?tag=interactpost-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1

 

禺画像]


続きを読む

[清掃関係]
[モアマン]

コメント(全0件)
コメントをする


記事を書く
powered by ASAHIネット